六本木 Crony

お店についてから、席に案内されて周りを見るとまだ誰も来ていなかったので、わがままを言ってカウンターに席を移動。
カウンターの方が横の人と喋りやすいし、キッチンも見れるし一石二鳥。
コースはおまかせコース1択のみですが、ペアリングのコースもできるみたい。
f0394282_23491236.jpg


















一口サイズの前菜が4種類程続く。
まずはグアンチャーレのコロッケ。
最近どこのレストランも出してる、どれが本物シリーズ。
塩味が効いていて、サクッと食べられる。
f0394282_23493252.jpg


















乾燥キュウリはなんと1本が1/3くらいの凝縮されたもの。
水分はほとんどなく、日本の佃煮のように海藻のような香りもするような濃厚な味。
f0394282_23494609.jpg


















エーブルスキーバーはデンマークのコロッケのような郷土料理。
本場ではたこ焼きのように作るようみたい。
中はパプリカのソースが入っており、上のウニととても相性がいい。
f0394282_23495969.jpg


















とうもろこしのタルトレットは上に羊節がかかってる。
鰹節の羊Ver.だなぁー。。
食べる前から羊肉の香りがとても強く、食べても羊の風味が強いのが印象的。
f0394282_23501246.jpg


















グリンピースはセロリと海老とを合わせた一品。
セロリのほのかな香りとグリンピースが素材以上に味が引き出されている感が素晴らしかった。
f0394282_23511188.jpg


















ジロール茸のヤングコーンは炭火の香りをつけてスモーク臭の強い一皿。
うずらの卵も一緒に混ぜ混ぜしてから食べます。
正直、ジロール茸の香りやヤングコーンの味わいも全てスモークで隠れちゃってた…。
f0394282_23512671.jpg


















魚と肉料理の間にパンとバターが供されました。
バターはシェフが働いていたセゾンで酵母を譲ってもらいこちらで育てているよう。
ミルク感は少し少ないものの塩気や酸味が効いてる。
パンも珍しく高温でパリッと外はカッチカチで中はモチっとしてる。
f0394282_23513951.jpg


















魚は金目鯛で身がふっくらで火入れ抜群。
茄子のペーストにカツオ出汁のような出汁がしっかり効いた泡がしっかりまとめてくれる。
両者の意外な組み合わせがとてもマッチしてる。
f0394282_23515260.jpg


















牛肉しんしんもいい感じの火入れ。
こちらは昆布のような出汁でキャベツが2種類の加工でコントラストがいい。
(フレンチなのに和出汁でばっかり表現ですいません…。)
シェフがその場でソースをかけてくれる演出。
f0394282_23521374.jpg


















フロマージュはなんの種類か聞きそびれましたが、一口の驚き。
口を閉じて食べないと爆発して悲惨なことになるかも…笑
サクサクして軽めのフロマージュにいいお口直し。
今どきチーズワゴンは古いのか…?笑
f0394282_23522930.jpg


















デザートはディルをつぶして液体窒素で凍らせたもの。
液体窒素なのでディルの風味は全く逃げず。
中の牛乳プリン?やマカロンのような生地でいかにもレストランのデザートといった感じ。
これまた、アヴァンデセールとアシェットデセールを分けないのは流行りなのかな?
f0394282_23524637.jpg

















焦がし牛乳のグラスは甘くないキャラメルアイスといった感じ。
個人的にはこの発想は面白かった。
f0394282_23530813.jpg


















最後はグアテマラ産のコーヒーとミニャルディーズ。
f0394282_23534711.jpg


















全体的に皿数に対してポーションが少ない気がしましたが、魚と肉料理は結構感動。
最近のフランス料理はかなりイノベーティブな感じがしたかなぁ。
グローバルになってフランスだけで仕事をする人が減ってきたからでしょうか。
いかんせんどんどん進化するのは食べるものとしては楽しいですね。

[PR]
by dioretenir2_sets7 | 2018-06-23 18:15 | ・東京都 | Comments(0)

食の世界にいつか返ることを考えながら…美味しいものがあると聞けばどこにでも行きたい!だからちょびっと旅もしないと。


by shiny journal
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31