新宿三丁目 はまぐり

新宿三丁目の飲み屋街の真ん中あたりにあるお店。
居酒屋を始め、おしゃれなバルやビストロもある界隈。
1階はカウンター、2階は座敷になっています。
お通しも貝な、貝専門店ならではの貝三昧の幕開けだぁー!
f0394282_00212973.jpg

新宿にいるのも忘れるようなレトロな店内もいい感じ。
f0394282_00220625.jpg


メニューを開くと中々いいお値段しますが、なぜか生牡蠣1個100円…笑
実は少し寂しかったけど、大きくて100円にしてはかなりお得。
f0394282_00222799.jpg


続いて、つぶ貝の串焼き。
しっかりした歯ごたえと甘辛いタレで中々イケる!
そしてアクセントに山椒がふってあって色んな味が楽しめる。
f0394282_00225489.jpg


焼はまぐり3産地。
右から茨城の鹿島灘、三重の桑名、中国産の限定メニュー。
それぞれ味や食感、大きさ等さまざまですが、やっぱり桑名は味が濃い!
f0394282_00231293.jpg


あさりの酒蒸しはこのお店じゃなくても食べれそうだけど…。
ただ量が多くて、酒のあてにはもってこい。
f0394282_00235182.jpg


小柱揚げギョウザ。
見た目は完全に餃子だけど、味は全くの別物。
小柱の旨味が強くて、中華の出汁を食べているような感覚。
サクサク感もいい!
f0394282_00240858.jpg


北寄貝(ホッキ貝)の昆布焼き。
昆布の上でごうごうと焼かれる。
焼く過程で貝の出汁が出てくるのを、店員さんがお皿で匠みにキャッチ。
のばしておちょこで持ってきてくれる。
貝自体は特に昆布の味がそこまで移るわけでもなく、普通の焼き物感は否めないけど…笑
f0394282_00250612.jpg


帆立貝バター焼き。
これはまぁそりゃ美味いでしょ…笑
貝柱を半分に切って出されますが、そのまま1個丸ごと口に入れたら幸せだったろうなぁ…。
醬油バターといった感じですが、帆立の味がしっかりしているので余計なものは必要なし。
f0394282_00252860.jpg


貝飯&あさり汁。
貝飯は小さめのお茶碗に半分ほどだけど、お腹いっぱいの締めなのでちょうどいい。
貝の炊き込みご飯ですが、ホッとする味でいくらでも食べたい。
あさり汁はまぁ間違いない。
味はごく一般的なそれですが、たっぷり入っているし大満足。
f0394282_00255896.jpg


全体的にお値段は高めだけど、これほどまで貝を堪能できる店は多くありません。
なぜかお肉よりも罪悪感はないしね…笑
色んな貝が食べられて楽しいお店だったぁー。

[PR]
by dioretenir2_sets7 | 2018-10-19 19:00 | ・東京都 | Comments(0)

食の世界にいつか返ることを考えながら…美味しいものがあると聞けばどこにでも行きたい!だからちょびっと旅もしないと。


by shiny journal
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31