神戸 鶏一途

大人気の焼鳥屋さんのため、前もって予約済。
土曜日の予約というのもあり、1ヶ月前近くに予約したけど夜の遅い時間しか取れず…。
常連さんはお店に食べに来た時に、次の予約取るしね。
f0394282_00095334.jpg


さて、最近ハマっている香檳烏龍茶。
烏龍茶ではあるけど、名前の通り華やかな香りで、オレンジのような桃のような香りがする。
f0394282_00102075.jpg


このお店に来たらまずは頼む地鶏刺身の盛り合わせ(5種)。
予約時に注文する必要がありますが、電話で聞かれるので迷わず、注文しときましょう笑
左上から時計回りに、ムネ、すなずり、ささみ、ソリレス炙り、肝&白肝。
薬味は左からわさび、パキスタン塩、マース(塩)。
ムネやささみは瑞々しく、すなずりは漬物のようにシャッキシャキ、ソリレスは香ばしく、白肝はもはやバター!
f0394282_00104501.jpg
刺身だけアップ!!
f0394282_00111918.jpg


続いて地鶏のユッケ(地玉子のせ)。
しっかり混ぜ混ぜ、甘辛ダレがよく絡み、いくらでも食べられる。
f0394282_00113410.jpg


メインは食べ比べ入り6本セット。
そろそろみなさん気づいてきました??
そう、ここのお店、クオリティのわりに安いのよ!

まずはネギ身。
メスは脂がのって柔らかく肉汁がはじけ飛ぶ。
f0394282_00121090.jpg
オスは筋肉質で、歯ごたえがよく、噛めば噛むほど旨味が出ます。
誰が食べても味や食感の違いが分かるほど、それぞれで別物。
f0394282_00125081.jpg

皮も同様にオスとメスが食べ比べできる。
メスは皮が分厚く、ゼラチン質多め、肉汁半端ない。
f0394282_00130010.jpg

オスは皮目が強く、パリパリで、引き締まってる。
f0394282_00130834.jpg

そしてここのつくねは抜群。
まず1番の特徴は歯がいらないくらい、フワッフワ。
ほのかな塩味で柔らかい口当たりがたまりません。
f0394282_00132241.jpg


串の最後は食道。
ここにきて初めてのタレ。
これがまた、食感が面白くホルモンのようでいて、優しく甘いタレが絶妙。
f0394282_00133367.jpg


鶏以外も食べたくなりきぬかづきのグリルを注文。
皮つきの里芋を"きぬかづき"と呼んでるそう。
ホクホクして甘みのある里芋が塩とオリーブオイルをつけるだけで、本当に美味しい…。
f0394282_00134878.jpg


締めはダブル玉子の親子丼と霜降り地鶏のスープ茶漬け。
ダブル玉子の親子丼を食べて、またまた衝撃…。
玉子が濃い!味が濃い!
完全に素材勝ちな気がする…。
家では絶対に作れない味。
f0394282_00135977.jpg


霜降り地鶏のスープ茶漬けは真逆で優しく、まさに締め。
鶏肉も上品な佇まい。
f0394282_00140844.jpg


遠くてなかなか行けませんが、神戸に用事があるたびに行きたい、素晴らしい焼鳥屋さんです。
とにかく焼鳥の素材の良さと抜群の塩加減、これにつきる。
焼鳥だけじゃなく、鶏料理全般があるので飽きないし、新たな発見があるお店。
また行きたいなぁー…。

[PR]
by dioretenir2_sets7 | 2018-10-27 21:00 | ・兵庫県 | Comments(0)

食の世界にいつか返ることを考えながら…美味しいものがあると聞けばどこにでも行きたい!だからちょびっと旅もしないと。


by shiny journal
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31